【第2回TOP25%禁止杯21位】見落としワニくん

 あと1戦でも勝てたらよかったのになぁ

 構築経緯

今回、ワルビアルが参加可能なのでワルビアルで暴れたいと感じワルビアルを採用。

葉緑素、すいすいなどの天候でS上昇するポケモンたちに対して強く出ることができるようにねばねばネットなどを撒け、水草両方に強いデンチュラ、参加可能な準伝でトップ画にも用いられているフリーザーを用いることで天候を奪い去ることを考えた。その場合にこちらが天候を使うことを考え、ウオチルドンを採用。相手の耐久振りの弱点保険フリーザーのダイジェットを死に出しから切り返すことを目的としてスカーフアーケオスを採用。ラスト1枠として実質的に低火力環境になる可能性を考えてレジギガスを採用しようとしたが、肝心のレジギガスのいるロムが手元に無かったため、公式の上位禁止環境で物理受けとして受けルなどにも採用されていたモジャンボに望みを託すことにした。

ワルビアル

 

今回の構築の軸となるポケモンキュワワーフリーザーなどの負けの可能性を消すために唐揚げのような技構成となった。残念なことにワルビアルのすばやさが”すごくいい”ことに大会も終わった16日に気づいた。もっと速いワニも見れたのかもしれない。
デンチュラ

 

デンチュラきあいのタスキ(ふくがん・おくびょう)

146(4)-87(0)-80(0)-149(252)-80(0)-176(252)

10まんボルト/むしのさざめき/いびき/ねばねばネット

ぽけっとふぁんくしょん!
バタフリーはトップメタといった噂話に狂わされた1匹。汎用技として10万、さざめき、ねばねばネットを採用してるためいびきを入れることにした。複眼なのに雷を採用し忘れたりとおかしなところがよく見受けられる。いびきはつかわなかった。
フリーザ

 

フリーザー氷@あつぞこブーツ(プレッシャー・ひかえめ)

165( )-94( )-120( )-161(252)-146(4)-137(252)

ふぶき/ぼうふう/はかいこうせん/はねやすめ

ぽけっとふぁんくしょん!
問題児。暴風も吹雪も外す。破壊光線はダイアタック用。ダイウォール用の羽休めはほとんど使わずじまい。微妙な活躍で消えてしまった。
アーケオス

 

アーケオスこだわりスカーフ(よわき・ようき)

151(4)-192(252)-85( )-118( )-85( )-178(252)

もろはのずつきそらをとぶ/とんぼがえり/はたきおとす

ぽけっとふぁんくしょん!
場荒らし枠。スターミーやルガルガンなどに縛られないようにスカーフを持たせ、初手ダイマやスカーフとんぼで対面操作を行う。ダイジェット用に入れた空を飛ぶはそこまで活躍せず。シュバルゴ用に熱風でも入れておいた方がよかったかも。
【追記】
Dの実数地が86になってるのはあまりどっちに振ったか忘れて
HとDに4入れてたのを消し忘れたせいです。
ウオチルドン

 

ウオチルドン@パワフルハーブ(ゆきかき・うっかりや)

165(0)-120(76)-120(0)-145(252)-99(0)-98(180)

メテオビーム/つららおとし/エラがみ/フリーズドライ

ぽけっとふぁんくしょん!

どうしてこうなった枠。ねばねばネット持ちのオニシズクモに対して強く、なおかつメテオビームという隠し玉と雪かきの効果でダイマックスしたフリーザーと共に高速エースとして活躍しているはずだった。実際はつららおとしをハイドロポンプに変え忘れてしまったこともあり、肝心なところで火力の出ないポケモンとなってしまった。

モジャンボ

 

モジャンボゴツゴツメット(さいせいりょく・のんき)

206(252)-120(0)-194(252)-122(4)-70(0)-63(0)

やどりぎのタネギガドレイン/じしん/はたきおとす

ぽけっとふぁんくしょん!
HPをみて違和感を感じた方も多いと思うが王冠を使い忘れた。HPは29、Cは13~14となってしまったことで再生力の効率の悪さやせっかく振ったCが無駄になった可能性があるなど目も当てられないことになっている。しかし実際の対戦においては物理受けでしか使用しなかったため、そこまで問題なかった…と思いたい。

最後に

個体確認はしっかりと。

お疲れさまでした。